カテゴリー別アーカイブ: 未分類

ろうきん(中央労働金庫)ってなんですか?

ろうきん(中央労働金庫)とは労働組合や生協組合が共同出資して設立された働く人のための金融機関です。
他の金融機関を機能はほぼ変わりありませんが唯一違うのが、営利を目的としていないことです。
労働組合や生協協同組合を中心に組合員となっており、金利優遇などが用意されているのが特徴です。
ろうきんでは預金などで預かっているお金を共有財産とし家や車、教育の資金として融資を行なっています。
全国に13箇所のろうきんがあり、それぞれ担当エリアが決まっています。
対象エリア内に居住する人、働く人が利用することが出来ます。
ろうきんを利用できる人は主に3種類に分かれ、団体会員の構成員、生協会員の組合員とその同一生計の家族、一般の勤労者となります。
口座開設は店舗窓口で行なうのが基本となっており、総合口座からの開設となります。
定期預金を担保としてお金を借りることも可能ですので、急にお金が必要になった時にも対応できます。
その場合は、預金残高の90%以内で最高300万円まで利用することが出来ます。
ろうきんの財形貯蓄は給与天引きで積み立てる形を採用しています。
一般財形、財形住宅、財形貯蓄の3タイプあり、目的に合った利用が可能です。
またインターネットバンキングに対応していますので窓口が開いていない時間でも各種サービスを利用することが出来ます。
ですから振り込みや振替も自宅で簡単にでき非常に便利です。モビットの在籍確認!勤務先に電話連絡がある?土日は?

福岡銀行カードローンのスペックは?

福岡銀行カードローンは銀行の売上高でベスト10に入るほど大きな銀行グループであるふくおかフィナンシャルグループである福岡銀行が運営するカードローンです。
ふくおかフィナンシャルグループには熊本銀行、親和銀行も傘下にいます。
以前まではナイスカバーという商品名でしたが平成28年1月に終了し福岡銀行カードローンとして生まれ変わっています。
福岡銀行カードローンはスマホから簡単に申し込みが可能。
インターネットなら24時間申込みを受け付けていますので、何時でもどこでも気軽にカードローに申込むことが出来ます。
もちろん土日祝日でも申し込みできますので思い立った時に申し込めるのが福岡銀行カードローンの良いところです。
インターネットに申し込み後の手続きは郵送でやり取りしますので来店不要でカードローン契約を結ぶことが出来ます。
忙しくて窓口に行くことが中々出来ないという方でも安心です。
福岡銀行カードローンは借入も返済も銀行やコンビニATMからOK。
セブン銀行やE-net、ファミリーマート、ローソン、ゆうちょ銀行などなど対応ATMが非常に幅広いので全国何処にいてもお金を引き出すことが出来て急な出費時にも安心です。
返済は毎月指定口座から自動で引き落としされますので返済し忘れがなくて安心。
直接入金による返済も可能ですから自分の好きなタイミングで返済することも出来ます。
福岡銀行の口座を持っていなくてもカードローンに申し込めます。
もちろん口座開設をする必要はありませんので手続きに手間がかかりません。
更に借入希望額が300万円以下であれば収入証明書の提出は不要。
煩わしい書類の準備もないので簡単に手続きできます。
既に福岡銀行の口座を持っている方ならAEB完結が可能です。
WEBに入力するだけで申し込みが完了し、最短2営業日のスピード振込で急ぎの方にもピッタリのカードローンです。興味がある人はコチラへ

埼玉懸信用金庫カードローンってどんな特徴があるの?

埼玉懸信用金庫が提供するカードローンは「さいしんカードローン自由自彩」です。
インターネットからの仮審査申し込みが可能ですので、24時間365日いつでも気軽に申し込みできます。
平日18時までに申し込みが完了すれば原則即日審査回答とスピード対応なのが嬉しいところ。
保証会社は信金ギャランティ株式会社となります。
利用条件は満20歳以上65歳未満で安定した継続収入のある方です。
但し埼玉懸信用金庫の営業区域内に住んでいる若しくは勤務していることが条件となりますので注意してください。
埼玉懸信用金庫カードローンには極度スライド方式と残高スライド方式の2種類があります。
極度スライド方式は50万円、70万円、90万円、150万円、200万円、250万円、300万円の7種類のコース。
残高スライド方式は50万円、70万円、90万円、150万円、200万円、250万円、300万円、350万円、400万円、450万円、500万円の11のコースから選択できます。
但し専業主婦の方は契約極度額50万円までとなります。
かなり細かく設定されていますが実際に利用可能となる極度額は審査によって決定されます。
金利は 極度スライド方式だと300万円で年6.30%、250万円・200万円・150万円で年9.30%、90万円・70万円で年13.30%、50万円で年14.30%が適用されます。
残高スライド方式ですと50万円コースは年14.3%、450万円・500万円は年5.0%が適用されます。
月々の返済額は最低1万円からとやや高めですので、事前にきちんとした返済計画を立てておくと良いでしょう。興味がある人はコチラへ